へそくりにも税金がかかるってホント?

へそくりをしている主婦は二人に一人居るという調査結果があります。
その平均額は、384万円とも言われています。多い人では数千万円にものぼります。
これらのへそくりに、税金はかかるのでしょうか?答えはYES!です。

【どのような税金がかかるか】
一番問題になるのが、相続の時です。特に専業主婦の人は注意が必要になります。
夫婦なのだから、夫が稼いだお金は夫婦のものだと思われがちですが、
日本では民法によって、結婚後夫が稼いだものは夫のもの、妻が稼いだものは妻のもの、どちらかはっきりしないものだけが、二人のもの、と定められています。


専業主婦の場合は、収入がありませんから、結婚後のお金は全て夫のものになります。
つまり、へそくりも夫の財産として認識されてしまうのです。
妻の名義で預金してあっても、やはり夫の財産として認識されます。
申告漏れになると、ペナルティを支払わなければならないことにもなりますから、要注意です。

※タンス預金と言われるような「へそくり」の場合、絶対に誰にもしられないように保管していれば、
 税金は免れる可能性もありますが、金額がまとまってから使う段階ではやはり注意が必要です。

【へそくりを自分のものにする方法】
では、相続する時に、へそくりは自分のものだと主張するには、どうすれば良いでしょうか?


裁判になった場合には、証拠が必要になります。
方法としては、夫から家事の報酬として月々「お小遣い」を貰う=贈与、という形にします。
贈与契約書を作成して、夫の口座から妻の口座にお金を振り込んでもらい、
そこから妻がお金を使い、贈与税の申告を行って、お金の流れをはっきりと形に残します。


年間110万円以下の贈与であれば、税金がかかりません。
月々9万円以下のお金を振り込んでもらう形にすれば、税金は払わずに済みます。
ただ、この場合は夫の合意のもとに契約を結びますから、その時点で「へそくり」ではなくなります。

【働いている妻の場合】
妻の収入がある場合には、妻の財産と認識されますが、そこでは確定申告が必要ですから、やはり税金は発生します。

特に株式などの投資をしている場合は、その資金源など問題視されるので、やはり十分な注意と、法律の理解を深めておくことが必要になります。


へそくりを貯めている主婦は、このような現実をしっかり認識する必要がありますね。